最新情報

「東京銭洗い弁天」のお祭りがあります

10月28日(金) 万福舟乗弁財天大祭

当神社の弁天様のお祭りです。
※午前9時から午後6時まで、参拝された方にはくじを引いていただき、
氏子企業様から奉納された商品を差し上げます(空くじなし)。
本年も特賞として腕輪御守10体を御用意しました。
同日から万福舟乗弁天様の「財運守」(600円)、「幸福弁天鈴」(500円)などの授与も行います。
なお、数に限りがございますのでご了承ください。
まことに勝手ながら「御予約」「おとり置き」は承っておりませんので、御理解の程、よろしくお願いします。

「どぶろく祭」があります

11月28日(月)、どぶろく祭がおこなわれます。
今年取れた新穀で作ったどぶろくを参拝者に振舞います(午前9時~午後6時まで)。

同日午前9時から、「下町のみみずく」の授与(2500円)があります。なお、数に限りがございますので、誠に勝手なが本年もお一人様一体に限らせていただきますので、何卒ご了承ください。
まことに勝手ながら原則として「御予約」「おとり置き」は承っておりませんので、御理解の程、よろしくお願いします。

当日、国指定無形民俗文化財の里神楽舞の奉納が正午過ぎからあります。

12月31日(土)年越の大祓、除夜祭

大祓は、日常生活のなかで知らず知らずに犯してしまう罪やけがれを6月30日と12月31日の年2回、お祓いする行事です。
今年下半期の罪けがれを清め、新年を心新たにお過ごしいただき、大きな力を得ることを目的に祭典は斎行されます。

当社では社頭にて人形(ひとがた)をおわかちしております。ご希望がございましたら、12月30日までに神社までお持ち下さい。

平成29年新年祈祷について

新年にあたって、強運厄除や企業の営業繁栄等のご祈祷を10月1日午前9時よりお電話にて受付を開始いたします。

個別祈祷

 ・初穂料…5,000円より承ります。
      但し、一回の祈願につき願い事は原則一つとさせていただきます。
      複数の願い事を祈願する場合は、その都度、初穂料を承ります。
 ・授与…初穂料5,000円の場合―
      【個人】御守一体又と御神酒、御供物(砂糖)
      【家内安全】祈祷木札一体と御神酒、御供物(砂糖)
     初穂料10,000円以上の場合―
       御守と祈祷木札各一体、御神酒、御供物(砂糖)

  ※1月4日は法人様の祈祷とさせていただきますのでご了承下さい

  ※「強運厄除祈願(厄祓い)」は、個人祈祷に限らせていただきます。
    御家族への「強運厄除祈願(厄祓い)」は致しませんのでご了承ください。
    御家族への祈願は「家内安全祈願」に限らせていただきます。

法人祈祷(企業などのご祈祷)

 ・一法人10,000円より承ります。
 ・授与…10,000円の場合 ―
       祈祷札(大)一体と御神酒、御供物(砂糖)
     20,000円超の場合 ―
       祈祷札(特大)一体、御神酒、御供物(砂糖)

  ※法人祈祷につきましては、「社運隆昌」に限らせていただきます。

御祈祷についての御注意

新年の昇殿祈祷につきましては、毎年、大変混み合いますので、事前にご予約いただいております。また、「キャンセル待ち」などの御対応はいたしておりませんので、何卒ご了承ください。
「除霊」、各種「供養」など、神社神道の教学合致しない祈祷や、当神社からのお願いをお聞きいただけない方には、御祈願をお断りする場合もございますので、何卒御承知おき下さい。

初詣で御参拝の方へ

年明け元旦の授与所の受付は、午前0時から午前2時までとさせていただきます。
なお、元日(1月1日)は午前9時より受付いたしますので、何卒御承知おきください。

平成29年正月のみみずく授与について

年明け元旦の授与は、午前0時から午前2時までとさせていただきます。
数に限りがございますため、元日(1月1日)は午前9時よりの受付ができない場合がございますので、ご了承下さい。

元日から東京下町八福神参り

1月1日~中央・台東両区の八つのお社を巡拝する東京下町八福神参り(八福神参り)があります。
色紙(400円、御朱印各社200円=計2000円)や福守り(お守袋400円、各社神符200円=計2000円)などをご用意しています。

日本橋七福神神詣

元日から七草まで日本橋七福神詣がございます。
当社は福禄寿様、弁財天様をおまつりしています。
色紙(2000円)や宝船(舟1500円、御神像各社500円=計5000円)もご用意しております。
※茶ノ木神社には色紙、舟のご用意がありませんので、それ以外のお社でお受けください。

ご注意 お焚き上げを希望される方へ

当神社は境内地が狭く、お焚き上げの設備がございませんので、以下の御守や御札、授与品等のお預かりをお断り申し上げます。何卒ご容赦下さい。
・寺院で受けられた御守や御札
・熊手(他の神社仏閣で受けられたもの)
・だるま
・神棚
※その他、大きな御守・御札・授与品などをお持ちの際は必ず社務所にお声がけ下さい

550年記念大祭を終えて

宮司 服部匡記

文正元年(1466)5月に鎮座した小網神社は平成28年、御鎮座550年を迎えました。この佳節あたり、平成25年より順次、境内整備ほか奉祝記念事業を順次、行ってまいりました。27年2月からはこの事業の最重要事業である屋根銅板葺き替え工事を中心とした社殿修復工事を行い、述べ数千人を超える皆様からの御奉納に依り、無事に完遂することができました。
現社殿は、大正12年9月1日に起こった関東大震災後、氏子崇敬者の赤誠により昭和4年に復興されました。神社建築の名匠・内藤駒三郎氏を工匠長に招き、現代では再現不可能と言われるほどの精巧な彫刻の数々を施し、麗しく竣工しました。
爾来、80余年の歳月が経過しましたが、この間、昭和20年3月10日に発生した東京大空襲や、度重なる自然災害からも大きな被害を免れて参りました。その一方で、戦後の近隣土地再開発による社殿の傾斜とともに、近年では酸性雨その他による屋根の老朽化が進み、雨漏り等による内部天井、壁、床等に傷みが見られておりました。
この度、この麗しい社殿を次代に継承すべく、木材はすべて残した上で、すべての銅板屋根を当初の予定通りすべて葺替へることができました。御参画いただいた皆々様には衷心より感謝申し上げます。
5月27・28の両日には記念大祭も盛大に斎行されました。
28日午後には、多くの方々の御尽力の下、10年ぶりとなる神幸祭も行われ、大きさ三尺を超える本社大神輿が氏子区域・小網町内を練り歩きました。
祭には地元日本橋の皆様をはじめ、多くの神輿同好会員様、当神社を崇敬される方々など約1000人もの担ぎ手さんの御参加があり、神輿も無事に練り歩くことができました。
今回の記念大祭は、地域再活性と当神社を崇敬される皆様との興隆を改めて図り、祭りに集い、皆の魂が昂揚すべく、「集い 昂ぶる」を目標に準備を進めて参りました。地域と人、人と人、そして各々と神様との絆をより強固なものにした、素晴らしいお祭りとなりました。
御参加の皆様には心より御礼申し上げます。

550年の佳節を拝し、改めて当神社を愛する皆々様からの真心でお支えいただいているということを確信いたしました。多くの方々から賜ったお力添えを忘れることなく、今後の御奉仕の励みにしながら、さらなる御神威の発揚と神徳の高揚に努め、地域社会の隆昌と皆様のますますの御多幸を御祈念申し上げます。

平成28年の年間行事について

本年の年間行事は下記の通りです。

1月 1日 歳旦祭(さいたんさい)
1月 1日~7日 東京下町八福神参り(中央・台東両区の八つのお社を巡拝する福参りです)
1月 1日~7日 日本橋七福神詣(当社は福禄寿様、弁財天様をおまつりしています)
※なお、東京下町八福神参り、日本橋七福神詣の、はとバスの運行は終了しました。
2月 3日(水) 節分祭
※参拝者には福豆を差し上げます
(数に限りがございますのでご了承ください)。
3月 1日(火) 初午祭
※参拝者には福箸を差し上げます
(数に限りがございますのでご了承ください)。
5月 27・28日(金・土) 御鎮座550年記念大祭
例祭式 27日午前11:00~
神幸祭 28日正午~
6月 30日(木) 夏越の大祓(茅の輪くぐりは6月20日ごろからとなります)
10月 28日(金) 万福舟乗弁財天大祭
※参拝者にはくじを引いていただき、氏子崇敬企業様から奉納された
  商品を差し上げます(空くじなし)。
11月 28日(月) どぶろく祭(新嘗祭)
※参拝者にはどぶろくが振舞われます。
※国指定無形民俗文化財の里神楽舞の奉納は12時過ぎとなります。
12月 31日(土) 年越の大祓、除夜祭
小網神社社務所
〒103-0016
東京都中央区日本橋小網町16-23
TEL:03-3668-1080
(受付時間:午前9時から午後6時まで)
FAX:03-3668-8676
小網神社