境内御案内

社殿

 現社殿・神楽殿は関東大震災後、昭和4年に竣工。明治神宮竣工にも尽力した宮大工・内藤駒三郎氏が指揮して建てられた。日本橋地区では唯一現存する戦前の神社建築で、中央区有形文化財に指定されている。総檜造りで重厚な彫刻が施され、とくに昇り龍・降り龍は強運厄除の御利益のシンボルとして崇められている。また、神楽殿は五角形をしており、大変珍しい造りとなっている。
 平成28年の御鎮座550年記念奉祝事業により、本殿・拝殿・弊殿及び神楽殿などの屋根銅板葺替工事が行われ、述べ数千人を超える氏子崇敬者の御奉納に依り、無事に完遂。麗しい社殿・神楽殿を次代に継承すべく、木材はすべて残した上で、すべての銅板屋根のみを当初の予定通りすべて葺替た。

社殿 社殿

強運厄除の「昇り龍」「降り龍」

 社殿向拝の左右にある彫刻の龍は、天に昇る姿と天から降りる姿が対になっています。この龍は神社の御利益にちなみ、強運厄除の「昇り龍」「降り龍」として崇められています。

社殿彫刻「昇り龍」

社殿彫刻「昇り龍」

社殿彫刻「降り龍」

社殿彫刻「降り龍」

孝を養う「養老の滝」の彫

 社殿向かって右側にあります「養老の滝」の彫「養老の滝」は、孝行息子の思いが、滝の水を父親に饗する酒に変えたという、古来伝わる話に由来します。

本殿彫刻「養老の滝」

本殿彫刻「養老の滝」

東京銭洗い弁天の社

 当神社の弁天さま(市杵島比賣神)は、その昔、当神社と同境内にあった恵心僧都の開基と伝えられる小網院万福寿寺に安置されていた弁天さまです。
 明治初年、神仏分離令の施行後は、当神社と分離しましたが、その後、寺院は廃絶したため、 明治2年(1869)当神社に遷座されました。同寺にちなみ、また像がお舟に乗られているため、万福舟乗弁財天(まんぷくふなのりべんざいてん)として信仰されています。
 毎年10月28日は弁天さまの大祭が行われ、多くの参拝者で賑わいます。
社頭では、くじを無料授与し、お供え物をおわかちいたしております
(10月28日が土曜日となった場合には27日、日曜日の際は29日にもおこなっています)。

東京銭洗い弁天御像と銭洗いの井

 社殿向かって左側には、当神社二之宮・市杵島比賣神(万福舟乗弁財天)の御像と、銭洗いの井があります。
この井で金銭を清め、財布などに収めておくと、財運を授かるとされており、近年は「東京銭洗い弁天」として崇敬を広げています。

東京銭洗い弁天御像 銭洗いの井

東京銭洗い弁天御像と銭洗いの井


小網神社