年間行事・神事

年間の主な祭典

年間の主な祭典

 1月 1日

歳旦祭

 1月 1日~7日

東京下町八福神参り(中央・台東両区の八つのお社を巡拝する福参りです)
日本橋七福神詣(当社は弁財天、福禄寿をおまつりしています)

 2月 3日

節分祭(参拝者には福豆を差し上げています)

 3月の午の日

初午祭(参拝者に福箸を差し上げています)

 5月28日

例大祭(五年に一度、宮神輿の渡御があります)

 6月30日

夏越の大祓(茅の輪くぐり)

10月28日

万福舟乗弁財天大祭

11月28日

どぶろく祭(新嘗祭)

12月31日

年越の大祓、除夜祭

※年によって祭典日が移動する場合がございますので、詳細は社務所にお問い合わせください。

小網神社社務所
〒103-0016
東京都中央区日本橋小網町16-23
TEL:03-3668-1080
FAX:03-3668-8676

小網神社の例大祭

当神社の例大祭は、神社の由緒にちなみ毎年5月28日に行われています。
祭典は午前11時から斎行され、神社の役員、総代等の参列があります。
当日は午前9時から午後7時まで江戸里神楽囃子の奉納演奏があるほか、参拝の方に先着で干支絵馬を差し上げています(数に限りがございますのでご了承ください)。

神幸祭及び神社神輿

 当神社の神幸祭は五年目毎に行われています。
お祭り当日は、大きさ三尺二寸の神社神輿を中心とした列次が氏子全域を巡行し、神様が氏子の暮らしぶりをご覧になり、お恵みをお授けします。
 神社神輿は、当神社御鎮座五百年祭の記念事業として発案され、氏子崇敬者などから浄財を賜り、約二年かけて謹製された東都有数の神輿です。
 作者は、東京浅草・宮本重義氏に依るもので、屋根延神社型の漆塗り台輪寸法(大きさ)三尺二寸、上長押に「松に鶴」、下長押に「波に千鳥」、唐戸脇に「昇降龍」の彫刻が施されています。重さは一トンを超えると思われます。

御鎮座550年大祭と奉祝記念事業

 来る平成28年、小網神社は御鎮座550年の節目を迎えます。
文正元年(1466)5月に鎮座されました当社は、武蔵国よりの古社として広く信仰を集め、今日では「強運厄除の神」「東京銭洗い弁天の社」などとして全国からの参拝者をお迎えしております。
 当神社ではこの節目の年にあわせ、奉祝記念事業を予定しております。
つきましては、事業を円滑に推進致すべく募財活動を実施することといたしました。
趣旨を御理解いただき、御奉賛を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


奉祝記念事業概要

平成25年(完遂)
境内整備改修工事
授与所新設工事
社殿・社務所修繕

平成26年(完遂)
万福舟乗弁財天像奉安
東京銭洗いの井整備
福禄寿像奉安

平成二十七年
社殿及び神楽殿屋根銅板吹替工事

平成二十八年度
記念大祭、神幸祭の斎行

どぶろく祭 (新嘗祭=にいなめさい)

どぶろく祭
どぶろく祭

 毎年11月23日、宮中や全国の神社では新嘗祭が行われます。新嘗祭とはその年に収穫された新しい穀物(新嘗)を神前にお供へし、一年の恵みに感謝する祭りです。当神社では、新穀と共に神前お供えされるどぶろく(神饌田でその年にとれた新米をかもして作ったにごり酒)を、縁のある28日に参拝者にふるまうところから、この祭りを特にどぶろく祭と呼んできました。祭りの当日は毎年、国指定無形文化財の里神楽舞が神前で奉納されます。又、強運厄除の「みみずく」も授与(有料)されています。
11月28日が土曜日となった場合には27日に、日曜日の場合は29日に移動します。

強運厄除の「みみずく」

強運厄除のみみずく  その昔、親孝行の娘が病身の母親に与える薬代に困っていました。そんなとき、「すすきで作ったみみずくで母を救え」という神さまからのお告げがあり、娘は孝養を尽くした、という話が伝えられています。
 当神社のみみずくは11月のどぶろく祭と新年にちなみ、秋の七草を代表するすすきを素材とし、強運厄除、営業繁栄の御利益が自らの「み」(身)と家族の「み」(身)に「つく」ということから授与されています。
 数に限りがある為に、なくなり次第授与を終了いたしますのでご了承ください。


小網神社